農業生態系への影響

農業ビジネスのデジタル化に伴い、新たな価値が生まれる可能性があります。農家との強い結びつき、農学の専門知識、イノベーションの実績などから、種子、栄養剤、農薬、機器などを提供するインプットプロバイダーは、データエコシステムの中で重要な役割を果たしています。例えば、世界有数の肥料販売会社では、肥料剤のほか、圃場のデータを分析して、どこにどれだけの肥料を散布すべきかを判断するソフトウェアを提供しています。同様に、ある大手機器メーカーは、フィールド機器の効率を向上させるために、衛星画像や車両間のリンクを活用した精密制御を設計しています。

アグリテック企業は、農業分野への新規参入者の一例です。アグリテック企業は、技術やデータを活用した最先端のツールを農家に提供し、農家がより良い判断を下し、収穫量や収益を向上させることに特化しています。このようなアグリテック企業は、農家のリスクを軽減するようなソリューションや価格体系を提供することができます。例えば、初期投資の負担をなくし、農家がいつでも解約できるサブスクリプションモデルを提供することで、商品の導入をより迅速に行うことができます。イタリアのあるアグリテック企業では、ブドウ園に対して、ハードウェアの設置、データ収集・分析、意思決定サポートなどを含むエーカーごとのコストを季節ごとに提供することで、このような取り組みを行っています。アグリテックは、アグリビジネスと共同でソリューションを開発することもできます。

とはいえ、これらのほとんどは、多くの農村地域が高速インターネットネットワークにアクセスできるようにならないと実現できません。これを実現するために必要な投資を行う方法として、主に3つの方法が考えられる。

農業関連の投資は、どのグループが主導しても、単独では実現できません。このような進歩は、ビジネスを行う上で必要なこととして、業界の主要なプレーヤー間の調整を必要とします。将来、農業にコネクティビティを提供する勝者には、農場運営の知識から高度なデータ分析、他のプラットフォームや隣接するビジネスと迅速かつ効率的に相互作用するソリューションを提供する能力まで、さまざまな分野における強力なコンピテンシーが求められます。例えば、自律走行するトラクターが収集したデータは、灌漑システムを管理するコンピュータにスムーズに流れ、さらに気象台のデータを統合して灌漑計画を最適化できるようにしなければなりません。

一方、コネクティビティの業界リーダーたちは、すでに社内でこうした新機能の開発に着手しています。企業は、機密性や競争力の観点から、業務に関する独自のデータを社内で管理したいと考えています。これにより、データの分析が容易になり、顧客の要求の変化に迅速に対応できるようになります。